ひげ

女性の抜け毛

女性の抜け毛とは、主に「ホルモンバランスの乱れ」が大きく関わっています。ホルモンバランスが乱れてしまうことで、髪の毛が抜け落ちてしまうのです。
人の体の中には、男性ホルモンと女性ホルモンが両方存在しています。男性ホルモンだからといって男性だけに存在するホルモンではなく、また女性ホルモンだからといって女性だけに存在するホルモンという訳ではなく、男性の体にも女性ホルモンは存在しますし、女性の体にも男性ホルモンは存在するのです。性別に合わせていいバランスを取りながら存在するホルモンではありますが、女性の場合、そのホルモンバランスが乱れてしまう時があります。その「ホルモンバランスを乱してしまう時」とは、生理中もそうですが、特に妊娠中や出産後に乱してしまうケースが多く見られるのです。中でも出産後、髪の毛が一気に抜け落ちてしまい、「まさか、何か大変な病気なんじゃ・・・せっかく子どもも産まれたのに・・・」と心配してしまうお母さんはたくさんいます。しかし、それはホルモンバランスが乱れたことによって起きた現象であり、「病気なのではないか・・・」と心配する必要は一切ないのです。
また、妊娠中や出産だけに限らず、ホルモンバランスを乱してしまう時は、他にもあります。ホルモンバランスを大きく乱してしまうタイミングとして、閉経もあげられるのです。女性は、年齢を重ねると、必ず閉経が訪れます。閉経すると、女性ホルモンの量が急激に減少してしまう方も多く、ホルモンバランスを大きく乱してしまうこととなるのです。そういった際にも、抜け毛を引き起こしてしまう方は大勢見られます。それにより、「年を取ること」も、女性の抜け毛に大きく関わっているのです。
こうしたホルモンバランスの乱れや加齢以外にも、抜け毛を引き起こしてしまう原因はあげられます。その原因の一つに、「ストレス」もあげられるのです。ストレスを抱えると、自律神経が乱れてしまい、体も無意識に緊張してしまうので血管が縮まってしまいます。血管が縮まることで、血行不良となってしまい、頭に十分な血液が行き届かなくなってしまうのです。そうなると、血液に乗って運ばれる栄養素が頭皮や髪の毛まで行き届かなくなり、次第に髪の毛は弱くなり、抜け落ちてしまう・・・という訳です。
また、「不規則な生活習慣」もあげられます。睡眠時間がマチマチであったり、十分な睡眠が取れていないと、体はストレスを感じてしまいます。また、ファーストフードや外食ばかりであったり、偏った食生活をしていても、体は無意識にストレスを感じてしまいます。精神的なストレスではなく、無意識に受ける身体的なストレスも、上記であげたように血行不良を引き起こしてしまい、頭皮や髪の毛に十分な栄養素を届けることができず、抜け毛を引き起こしてしまうのです。