ひげ

男性の抜け毛

男性の抜け毛とは、主に「男性ホルモン」が大きく影響しています。男性の体の中には、その名前の通り男性ホルモンが多く存在していますが、その男性ホルモンが、頭皮や髪の毛に悪影響をもたらす要因となってしまうのです。
男性ホルモンには、体に生えている体毛を濃くしたり、男らしい筋肉質な体を作ったり、性欲を高まらせたり攻撃的な思考回路にする働きが見られます。このように、体毛を濃くする働きは見られますが、それは髪の毛以外の体毛にしか影響しないのです。髪の毛にいい影響を与えるホルモンは、男性ホルモンではなく女性ホルモンとなっています。女性ホルモンには、髪の毛を美しくする働きがあり、頭皮や髪の毛にいい影響をもたらしてくれるのです。
こうしたことから、男性ホルモンの量が多ければ多いほど、抜け毛を引き起こす可能性は高くなってしまいます。しかし、ただ量が多いだけでは全く問題はありません。男性ホルモンの働きが過剰になるかどうかで、髪の毛が抜けるか抜けないかは大きく左右されるのです。男性ホルモンに含まれる物質の一つにテストステロンといった物質があげられますが、これは、毛母細胞の分裂や皮脂の分泌を促す働きがあります。しかし、テストステロンの働きが過剰になりすぎてしまい皮脂の分泌が過剰になりすぎてしまうと、毛根を詰まらせてしまったり、髪の毛の栄養分となるタンパク質の合成を邪魔してしまうようになり、頭皮や髪の毛に悪影響を与えるようになってしまうのです。それにより、髪の毛は抜け落ちるようになってしまいます。
この男性ホルモンの量や活発性は、遺伝によって大きく左右されます。それにより、「遺伝」も抜け毛には大きく関わっているのです。
こうした男性ホルモンの働きや遺伝の他にも、男性に見られる抜け毛には原因があげられます。その原因の一つに、女性と同様「ストレス」があげられるのです。男性も女性と同様、ストレスを感じる方が多く見られます。ストレスを感じると、前述でも紹介しましたが血行不良となり、頭皮や髪の毛に十分な栄養素が行き渡らなくなり、抜け毛を引き起こしてしまうのです。
また、女性と同様、「不規則な生活習慣」もあげられます。特に男性の場合、過度な喫煙をする方も多く見られ、仕事上の付き合いから過度な飲酒を続ける方も多く見られます。そうなると、体は大きなダメージを与えられてしまい、ストレスを感じるようになり、結果、血行不良→抜け毛を引き起こしてしまうようになるのです。他にも、栄養バランスの取れていない食生活であったり、十分な睡眠が取れていない場合などもあげられ、女性に見られる原因と同様、不規則な生活習慣が与える抜け毛への影響は多大だと言えます。